効果的に人材成長を促す|接客マナーの向上

人材育成

レディ

人材育成とその工夫について

企業において、人材育成は非常に重要なものとなる。最近では、多くの業者が人材育成メニューの提案や研修の開催を行っており、利用する企業としても選択肢が広まっている。 人材育成を行う場合には、効率的に行う工夫としていくつかのことがある。まずは、同レベルの社員に対して研修を行うということがある。階層などにより必要となる知識や技術は異なってくる。その為、広く全体的に研修を行うと、社員にとって必要な知識とは外れている可能性もあり、効果を薄めてしまう。その為、階層別に必要となる知識や職種別に行うなどの工夫が重要になる。 また、コスト面では内部人員による人材育成もメリットが大きい。例えば、OJTのように仕事をしながら学ぶ方法なども費用とその効果が大きい。

インターネットを活用した研修について

人材育成においては、今日では様々な取り組みが行われている。それらのトレンドとしてあるのが、インターネットを活用した教育や研修である。 インターネットを活用した研修では、いくつかのメリットがある。まずは、場所と時間を拘束せず教育を行えるということがある。WEBでの教育では、インターネットに接続できる環境があれば、いつでもどこでも社員に教育を受けさせることができる。 また、インターネットを利用したライブ映像での研修をおこなうことで、例えばインターネットで本社と支社を結ぶことで、本社に人員を集めなくても支社の人員に対しても研修を行うことができる。 これらのように利便性の高さと経費削減の観点から、インターネットを用いた人材育成が盛んに行われるようになっている。インターネットを用いて行なうことのできる研修というのは、多岐に渡る。例えば、接客マナーが必要となる業種における研修では接客マナーの向上を目的とした研修を受けることができるのである。

セミナー

従業員をサポート

福利厚生とは、企業に勤めている従業員やその家族に対して暮らしを充実するようにサポートする制度のことです。金銭的に直接関係してくるのもあれば、非金銭的なのもあり様々です。

女性

重要な課題

企業において、人材育成は最も重要な課題の1つとなっている。それは、優秀な人材の有無により会社の業績および存続に大きくかかわってくるためである。その中でも特に、会社をけん引する役割である管理職の働きは大きな役割となる。

男の人

計画するコツ

企業が重要視するのは、利益や売上のことではなく、人材育成や福利厚生などの従業員のことです。従業員を1番に考えることで、売上も上げることができるのです。社員旅行を計画する場合は、段取り良く進めていきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加